NEKOMA MAGAZINE vol. 54

スキー・スノーボードに重要な体幹を鍛えるトレーニング「スタビライゼーション」をとりいれる

category : pickup
writer : ネコマガ編集部
2017.07.07

スキー・スノーボードに重要な体幹

「体幹」という言葉は、お聞きになったことがある人も多いと思います。ですが、「体幹」とは、いったい体のどこを指すかご存知でしょうか?

実は「体幹」といっても、行っているスポーツや指導者によって、捉え方は微妙に差があります。厳密にどこを指すかという明確な定義付けは難しいのですが、広い意味では首、腕、足以外の「胴体」を指します。手足に比べ、動きが分かりにくい「胴体」。この部分の筋力を鍛え、姿勢を安定させることは、スキー・スノーボードでも非常に重要です。

 

体幹を鍛えるトレーニングメソッド「スタビライゼーション」

「スタビライゼーション」とは、「体幹」を鍛えるトレーニングメソッドですが、ダンベルやマシーンなどを一切使いません。決められた「静止ポーズ」をとって、一定の間その姿勢をキープするという動きをします。簡単なようで、自然な呼吸をつづけたまま、じっとするのは至難のわざ。想像以上に、筋肉をしっかり使います。週に3回ぐらい行うことで、わずか3週間の後に効果を実感できるというのもポイントです。静止ポーズを、息を止めないで、キープ!さあ、今日からでも、始めてみては?

アルツ磐梯 オフトレーニング

 

「スタビライゼーション」の応用編~SUP~

スタビライゼーションの基礎が理解できると、いまちまたではやりの「SUP(スタンドアップパドル)」にも応用できます。バランスよく、まっすぐ立つことの難しさは、まさに雪上の板の上と同じ。はじめて雪山で、板を履いた時は、斜面に立つのが精いっぱいだったことを思い出すことでしょう。

アルツ磐梯 オフトレーニング

いかがでしたでしょうか?
冬にむけて、できるトレーニングは、たくさんありますね。
今のうちから、パワーアップして、冬にいい滑りを決めましょう!

writer
ネコマガ編集部
「星野リゾート 猫魔スキー場」のウェブマガジン編集部。

Recent Post

最近の記事
pagetop