猫魔マガジン

NEKOMA MAGAZINE

「星野リゾート」は「プロスノーボーダー鬼塚雅選手」と所属契約締結。

2017.09.13 新着

「星野リゾート 猫魔スキー場」は、鬼塚雅選手を応援いたします!

星野リゾートは、2017年7月14日(金)都内にて、プロスノーボーダー鬼塚雅選手と所属契約を締結することを発表いたしました。世界のトップアスリートがしのぎを削る数々の大会への出場に向けて、日々練習に励む鬼塚選手を、「星野リゾート 猫魔スキー場」としても、最大限バックアップしてきたいと考えています。
星野リゾートニュースリリース:プロスノーボーダー鬼塚 雅選手と 所属契約を締結

鬼塚雅選手が挑むスノーボード種目

「スロープスタイル(Slope Style)」とはどんな競技でしょう?
鬼塚選手は、これまで「スロープスタイル」という競技において、数々の優秀な成績を残されてきました。この競技は、2014年のソチ五輪からオリンピックの正式種目となった新しいスポーツです。さて、どんな競技なのか、見てみましょう。

スロープスタイル(Slope Style)という競技は、スキー場のゲレンデ斜面に、いくつもの「アイテム」と呼ばれる演技用の障害物が、上から下までずらっと連続して並んだところで行われます。目の前に広がるたくさんのアイテムの中から、選手はそれぞれ、独自の発想で、好きなアイテムをセレクトし、ジャンプして飛び越えたり、踏み台にして「トリック」と呼ばれるアクロバティックな空中技を魅せたりしながら、滑り降りていきます。各アイテムを使って見せる技の完成度や独創性が採点対象となり、総合得点で競います。

4年前のソチ五輪では、全長約630m、幅約30mの斜面に、6つのセクションが用意されました。階段の手すりのようなアイテムや、20mを超えるジャンプ台が連なる様子は、現実世界とは思えないテレビゲームの中に入ったかのような光景です。

(上記写真は「星野リゾート 猫魔スキー場」における過去のパークアイテム)
(上記写真は「星野リゾート 猫魔スキー場」における過去のパークアイテム)

「猫魔スキー場で練習したい」、という鬼塚選手の声に答えて、
鬼塚選手のリクエストをうけたオーダーメイドアイテムを今冬設置。

猫魔スキー場では、先日終了した2016年-2017年シーズン中、スロープスタイルの練習にぴったりな難易度の高いパークレーンを、12月から5月のゴールデンウィークまで造成し提供してきました。
「星野リゾート」への所属契約が締結された今シーズンは、最大限バックアップするために、世界レベルの選手にも対応したパーク造成を行います!詳細は近日お知らせ予定です。

(上記写真は「星野リゾート 猫魔スキー場」における過去のパークアイテム)

例)2016-2017年シーズン中 ある日の猫魔パーク

スーパーエキスパートレーン

20mステップダウンキッカー(ヘルメット着用義務あり)

エキスパートレーン

14mハイブリッドジャンプ→15mハイブリッドジャンプ→10mローラー→ドンキーレールorフラットダウンBOX→ダウンレールorダウンナローBOX→ダウンチューブレール

ミドルレーン

6mハイブリッドジャンプ→7mハイブリッドジャンプ→フラットBOX

ジブレーン

5mダウンレール→4mアップレール→5mダウンレール

ビギナーパーク

5mフラットBoX→4mハイブリッドジャンプ

(上記写真は「星野リゾート 猫魔スキー場」における過去のパークアイテム)