猫魔マガジン

NEKOMA MAGAZINE

オフシーズントレーニングのレシピを紹介♪話題のおしゃべりしながらランニング。

2017.06.16 コア向け

猫魔スキー場が恋しい皆様は、初夏をどうお過ごしでしょうか。
猫魔といえば、12月から5月まで、足掛け6か月も滑れる「長いシーズン」が売り。そんな長いシーズンを滑りきるには、そもそもの体力が必要ですね。この記事では、しっかりした基礎体力を付け、冬の雪の上でのトレーニングに耐えるためのオフシーズン向けトレーニングレシピとして、話題の「LSD(Long Slow Distance)という手法をご紹介します。

LSD(Long Slow Distance)とは?

LSDとは、英語にあるとおり、「長距離をゆっくりと走る」ランニング手法です。ハアハア息があがってしまわず、多少は会話ができるぐらいの速さが目安といわれています。といっても、だらだらと、のんびり走ってしまってはいけません。ジョギングよりやや遅い、1kmあたり、7分から8分のペースがよいようです。ウォーキング以上、ジョギング未満を目指しましょう。

おすすめのLSDコースは、「五色沼」

まずは手始めに、平な散策路が、約3キロほど続く五色沼はいかがでしょうか。特に早朝の静かな沼のほとりは、心をリラックスさせてくれ、気の合う仲間と、気分転換をかねておしゃべりランニングが楽しめるのではないでしょうか。そのほかにも、裏磐梯にはたくさんLSDトレーニングに適したコースがいっぱい。
くわしくは、裏磐梯観光協会のHPをどうぞ:http://www.urabandai-inf.com/
さて、いろんないいことがいっぱいのLSDトレーニングは、いかがでしたでしょうか。夏のうちから、行う「初期トレーニング」として最適です。これで、夏からしっかり鍛えておけば、秋以降に強度の高いトレーニングができるようになります。ぜひ、おためしあれ。