NEKOMA MAGAZINE vol. 34

初めてのスキー・スノーボード 準備編

category : トレンド
writer : Jun Oikawa
2016.02.09

初めてスキー・スノーボードにチャレンジをしてみようと思っているアナタ!
準備しなくてはいけないモノが多いけど、リストアップしておけば大丈夫。このコラムを参考にして、スノートリップへの準備を始めましょう!!

絶対必要アイテム

スキー・スノーボードをするために絶対に必要なアイテムです。スキーであればスキー板・ストック・ブーツ、スノーボードであればスノーボード・ブーツ。そして寒さから体を守るために最低限必要なスキー・スノーボード用ウェアとグローブ。

寒さからカラダを守るアイテム

フリースやセーター・タイツ・ネッグウォーマー等の「インナーウェア」とスキー・スノーボード用ソックスを身につけた上で、ウェアを羽織るとかなり寒さを防げます。さらに頭を寒さから守る「ニット帽子」。そして、直射日光や雪から目を守る「ゴーグル・サングラス」を持っていると完璧!

あると絶対に便利なアイテム

お財布やリフト券を無くさないために「リフト券ケース」はあると良い。ポケットに忍ばせておきたいのが「ポケットティッシュ」。寒いところに長時間いると鼻から・・・。そしてゲレンデは日差しや照り返しが強いため日焼けをします。日焼け&ゴーグル焼けを避けたい方は日焼け止めが必須です。

「買い揃えるのは面倒」と思っているアナタに嬉しいプラン

必要なアイテムを買うとなるとある程度の出費になりますし、買い揃えるためにお店に行く時間がない・・・。そんなアナタには、下記アイテムがセットになった 「手ぶらでレンタルパック」が便利!

【手ぶらでレンタルパック】
リフト1日券・スキーセット(スキー板・ブーツ・ストック)もしくはスノーボードセット(スノーボード・ブーツ)レンタル・ウェア上下セットレンタル・ゴーグル・ニット帽子・グローブ
※ゴーグル・ニット帽子・グローブは持ち帰り可
料金:12,800円
受付:裏磐梯猫魔スキー場インフォメーションカウンター

writer
Web担当
及川 潤
1976年、岩手県生まれ。18歳の時にスキーを生まれて初めて体験。以降、サンデースキーヤーとなる。26歳からなぜか休眠層の仲間入り。30歳に星野リゾート入社し、「星野リゾート アルツ磐梯」に配属。二度とスキーはやらない気持ちでいたが、スキーをやらざるを得なくなる。会津という土地に魅了され約10年、ようやく?スキーはきちんと滑れるようになった。

Recent Post

最近の記事
pagetop