NEKOMA MAGAZINE vol. 28

ミクロファインスノーを解く -序章-

category : カルチャー
writer : soma hirano
2016.01.22

パウダースノー、シャンパーニュパウダー、アスピリンスノー。
粉雪のさらさらとした「雪質」を表現する言葉はいろいろある。
ここ、猫魔スキー場では独自の呼び名が長らく使われている。それが「ミクロファインスノー」だ。

科学的に厳密な定義があるわけではない。ただ、1月2月の猫魔スキー場の雪質が非常に良いことを表現した言葉。固有の言葉で呼ばれる雪とはどんな雪なのだろうか。

猫魔スキー場の雪質のキーワードとして皆口々に上げるのが「軽さ」と「量」。

教師でも専門家でもないが、この猫魔の良質な雪が降り積もる理由や雪に対する疑問などを自分なりに紐解いてみたいと思う。

writer
平野 壮磨
2015年1月に磐梯エリアに着任。独学で学んだ撮影テクニックで、ここアルツ・ネコマの風景を切り取る。主な業務はフォトグラファー。ではなく、あらゆる分析を行う「アルツ・ネコマの分析官」。

Recent Post

最近の記事
pagetop